大型シルクスクリーン印刷、大型UV印刷、蓄光、厚盛り、精密微細、ちぢみなど特殊印刷

スクリーン印刷

スクリーン印刷とは・・・

スクリーン印刷とは、孔版印刷の一種で、スクリーンメッシュを用いた印刷工法です。被写体として、スクリーン紗の網目をインキが通過し印刷物に接着すればあらゆる物質に印刷可能です。(水のような液体、空気のような気体を除く)
当工法の発祥は、絹(シルク)を使用して行っていたの為、“シルク印刷” の名で世に広がりました。現在でも “シルク印刷”“シルクスクリーン印刷” とも呼ばれておりますが、全て “スクリーン印刷” と同じ工法となります。

被写体の材質として、ガラス、金属、布、紙、各種樹脂、各種フィルム等、あらゆる硬質・軟質個体に対応可能な特殊印刷となります。印刷物の形状として、平面はもちろんのこと、成形品・円筒形状などの凹凸のあるものも印刷可能です。

インキタイプは大きく3種類あります。

  • 溶剤型インキ(油性)
  • UV硬化型インキ
  • 水性インキ

加飾用途と機能用途の2方向で活躍しています。

加飾用途事例

機能用途事例

各種印刷に関するご相談は お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-258-0002 【受付時間】9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社マツダスクリーン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.